前へ
次へ

ブランド買取の査定額をアップする秘訣

ブランド買取では査定額をアップさせる秘訣があります。まず、リサイクルショップ2~3社の査定額を比較することです。リサイクルショップによって買取額は変わるため、1社で決めてしまうのは損です。場合によっては数万円の差額が生じるケースもあるだけに安易に決められるものではありません。そして、交渉をすることも可能です。査定で提示された金額で買い取ってもらう方が多いかと思いますが、査定額の交渉をしても構いません。もちろん限度があるので、無理を言いすぎると買い取り自体を断られてしまいますが、数千円のアップくらいなら期待はできます。また、この時に他のリサイクルショップに査定してもらった金額を交渉手段として用いても問題ないでしょう。その他、出来るだけ綺麗な状態で査定してもらう、保存袋や保証書などの付属品を付けるといった基本的なことも必要です。自分次第で査定額のアップが見込めるので、出来ることをした上でブランド買取をしてもらってください。

ブランド買取に必要な書類等とは

ブランド買取をしてもらう時には、事前に用意しておかなくてはならない書類などがあります。まず、大半のブランドではギャランティカードなどの保証書の提出が求められます。これがないブランド品は買い取りしてもらえないケースもあるので注意しましょう。また、ギャランティカードがなくてもOKとしているリサイクルショップもありますが、査定額が落ちてしまう可能性があります。そして、売却時には身分証明証が必須となっています。身分証明証は運転免許証、保険証、住民票、パスポート、年金手帳などがあります。店頭買取をする時は原本を提出しますが、宅配買取りを利用する時は原本のコピー(住民票は写コピー不可・3か月以内のもの)を提出します。また、外国人がブランド買取をしてもらう時には外国人登録証明証や在留カードが身分証明証となります。身分証明証の提出は法律で義務付けられていることですので、用意しておかないと買い取りはしてもらえません。

Page Top